注文住宅業者を選ぶ際の注意点とは?

注文住宅業者を選ぶ際の注意点とは?

注文住宅の業者を選択する際には、目的に応じた要求を実現できるかどうかがとても重要です。そもそも、業者は独自のサービスを提供していますのでイメージしている注文住宅を実現できるだけの対応をしてもらわないと意味がありません。例えば、素材からこだわって設計や建設をしてもらいたいと考えるときには工務店などのように細部から話し合いを行うことができる店舗を選択する必要があります。下請けではなく、自社施工でサービスを提供しているところを選択する必要がありますので注意が必要です。また、注文住宅を初めて相談するときにはどういった方向性で話し合いをすればよいかわからないケースも目立ちます。このようなときも、サポートが充実している大手のハウスメーカーなどを選択しておけば安心です。担当が付いてくれますので、その人を通して注文したい要求を職人に伝えてくれます。それぞれのサービスで、円滑に取引ができるかが異なりますので必ず精査しなくてはいけません。

注文住宅のコストダウンを図るなら構造から見直す!

注文住宅を検討している方の中には、予算に余裕がなく、困っているケースがあるかもしれません。確かに注文住宅は自由自在な設計が魅力ですが、あまり住まいにこだわりを持ちすぎると、何かと費用が増えてしまうのが現実です。ただし設計の自由度が高いということは、工夫しだいで柔軟にコストダウンを図ることも可能ということ。その際のポイントは、まず建築コストが大きい構造部分に着目し、そこからコストを見直すことです。例えば建物のスケールそのものに着目するのであれば、延床面積をできるだけ小さくするのも、方法の1つでしょう。小さくすれば建物もコンパクトになるので、当然その分だけ建築コストも安く済みます。また外観の形状をシンプルにすることでも、コストダウンには有効です。例えば1階と2階の床面積が同じで、凹凸が少ない総2階の形状にすれば、必要な下地材や仕上げ材あるいは足場を組む工程なども減らせるので、必然的にコストダウンにつながります。