絶対に失敗したくない注文住宅!注文住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

当サイトは絶対に失敗したくない注文住宅を建てる際の、基礎知識を初心者にも分かりやすく解説しています。
大きな買い物である家を建てるときには、建てて良かったと思えるような家にすることが大切です。
オーダーメイド住宅業者を選ぶ際の注意点も、このサイトで解説しています。
業者選びをする前に知っておきたい内容となっているのでおすすめです。
注文建築の住宅では補助金や助成金を活用するのがおすすめなので、確認しておきたいものです。

絶対に失敗したくない注文住宅!注文住宅の基礎知識を初心者にも分かりやすく解説

長く住み続けたい注文住宅を建てるときには、理想的な家を形にさせることに成功したいと考えるものではないでしょうか。
基礎知識としてまず注文住宅に失敗しないためには、豊富な実績を持つ住宅メーカーに依頼するのがお勧めです。
また自由度の高い注文住宅であるため、良く業者と相談をしてアドバイスを受けつつ決めることが大切になります。
実際に建ててみないとハッキリしないことも多いため、これまでの経験や実績を多くもつ業者に依頼することはポイントです。

注文住宅の具体的なスケジュールを見ていこう

注文住宅は、土地と建物をセットで売り出す建売住宅とは異なり、土地と建物は別で購入することになります。
注文住宅を建てるスケジュールとしては、まずは予算を決めることです。
予算を決めたら次は土地を探して購入し、住宅会社を選んで依頼をして相談をします。
その際は一緒に現地を見に行き、調査も入ります。
現地調査を終えると住宅会社は依頼者の希望を聞いて、それに沿ったプランを作成して提出してくれるのですが、ここまではどの会社も無料で行ってくれ、万一他の会社に変わりたいときは断ることも可能です。
その段階で継続するなら、仮契約を交わします。
仮契約の後は地盤調査が行われ、もし地盤改良が必要な場合は有料で補修工事を依頼し、そのあとは具体的な打ち合わせに入り本格的なプランと見積もりが提出されるので、そこでOKになれば本契約です。
本契約を交わせば、住宅ローンの申し込みをし認可されれば建築確認の申請をして、最終仕様決定後地鎮祭を済ませて施工に入るというスケジュールです。

注文住宅の見積りのチェックポイント

注文住宅の見積りは項目が多いため、つい坪単価と合計金額の箇所だけを注視してしまいがちです。
見られない用語がたくさんあって、戸惑ってしまう人もいることでしょう。
見積書のチェックポイントとなるのは、インフラ工事に関連する項目です。
注文住宅には電気・ガス・水道の工事が不可欠ですが、インフラにまつわる工事は住宅メーカーとは別の会社が施工することになります。
そのため見積書には、インフラ工事にかかる費用が記載されていないこともあるのです。
しかもこれまで家がなかった土地に注文住宅を建設する場合は、水道管を敷地に引き込む作業が必要になるため、工事費がさらに上乗せされます。
引き込み作業があるかどうかで、工事費は数十万円も違いが生じるのです。
このチェックポイントを見落としていると、見積り後の資金計画が大幅に変更になることがあります。
注文住宅のインフラ工事費は本体工事費の約1割を占めることもあるので、住宅メーカーの担当者に相談しながらしっかりとチェックすることが大事なのです。

注文住宅にはどれくらいの自己資金が必要なの?

月々の住宅ローンの支払いの負担を軽くする上では、十分な自己資金を用意するのが理想的です。
特に注文住宅は総工費が割高なので、300万円程度の資金が必要になるケースが多いです。
けれども住宅ローンの金利が低くなっている事情もあり、最小限の頭金でもハイグレードな注文住宅を建てることが容易になっています。
建築プランを考えるプロセスで、資金のプランも十分に考えるのが理想的です。
ハウスメーカーや金融機関と相談すると、無理のない範囲で購入可能なマイホームの価格を知ることができます。
しかし土地の購入費用も含めると、更に購入金額が大きくなるのも事実です。
特に総額が5000万円を超えるときには、少なくとも3割程度の自己資金を用意するの望ましいです。
両親などからの資金援助も活用すると、若い新婚世帯も十分なお金を用意できます。
夫婦で共働きをする場合には世帯収入が多くなるので、通常よりも少ない頭金でも購入できるようになります。

注文住宅のローンの組み方ってどうすればいいの?

注文住宅に限らず住宅ローンの借り入れを行うという事は、その後毎月のように返済が開始されるということです。
その返済額によって、毎日の実生活に大きな影響を及ぼすということをまずは考えましょう。
その為に欠かせないのが今の生活を継続するためには、どのくらいの費用が必要かを知るところから始まります。
月々の返済額を大きくし過ぎて、生活レベルを極端に落としてしまってはいけません。
ボーナス払いを多額にしてしまうのは、不確定な要素がある収入に頼ってしまいがちなので危険でもあります。
準備できる自己資金の計算を的確に行えば、発生する追加工事の限度も見えてきます。
住宅メーカーの担当者に工事の竣工までに、必要となる経費を確認する事も欠かせません。
また、その間には諸経費だけではなく、思わぬ支払いが発生しやすい時期でもあるのです。
注文住宅を建てる時のローンの組み方はとしては、一定以上の余裕をもって考えることが必須となります。
しかも、その考えには入居後の実生活を想定し、無理のない返済額も考慮しなければなりません。
借入限度だけではなく、自分たちの生活をも大切にした借入額を決めることが大切です。